パルメザンチーズ

パルメザンチーズ

パルメザンチーズ、チーズでもこのチーズにどうして亜鉛が多く含まれているのでしょうか?ちょっと謎ですよね。
このパルメザンチーズは、粉チーズになっていて、イタリアン食材でよく使われるもの。レストランなどで、グリーン色の筒状の粉チーズを見たことがあると思います。

 

あれが、パルメザンチーズなのです。ナポリタンのときには是非使いたい食品です。
そんなおいしいパルメザンチーズは、チーズ嫌いという人以外は多くの人に好まれる食品というような気がします。

 

しかし、しいて言えばどうしても脇役の食品なんですよね。多めに食べたりするようなことはなく、ちょっと風味づけとかおいしくなるからという理由で振りかけられるという脇役も脇役、ちょい役のような存在です(ゴメンナサイ)。そんなパルメザンチーズも常に使っている人に聞くと、いろんなところで使っている模様。これまでナポリタン以外で使ったことがない自分が恥ずかしく思えて来ましたよ。
スープやサラダ、トーストにかけている人も。よく考えれば、パンにも合いそうな気はしますね。

 

あまり大量には摂取することは無理なのは分かりますけど、意外と亜鉛の量が多いので、こまめに摂取するのがお勧めです。
少しの量でもちょくちょく使っていると、意外とたくさん亜鉛摂取ということになりそうですから。
冷蔵庫の中で粉チーズが固まって出てこない、とならないようにしましょう。それって、我が家のことでした。